<働き方改革>高プロ・裁量労働制に警鐘「過労死増える」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000012-mai-soci
高度プロフェッショナル制度って言葉はかっこいいんだけどね~。

ってのはさておき、かっこいい肩書きをもらったせいで自由を
奪われる例というのが多いですね。
「高度プロフェッショナルだからこれくらい耐えられるよな?」
って言われたり、イラストを描いたりする仕事の場合で、
ギャラ、時給が安くても「好きを仕事にできるだけありがたい話だよね?」
とか、そういったもの。
こう言われてしまうと、現状に不満があっても逆らえなくなる、
つまりは他人が与えてきた枠組みにはめられて、身動きができない
状態になるんですね。

これをラベリングと言います。高度プロ、とラベルを張り付けられる。
高度プロは、残業代とか細かい事言わない!とか。

別の例を挙げると、「あなたはA型だから几帳面だよね」って言われる
と几帳面なところを見せるのに必死にさせられたりとかする。
ラベリングは日常のいろんなところに潜んでいます。
このラベリングを無意識に使うひともいれば、意識的に使うひともいて
そういったところを意識していると結構面白いものですね。

中国マクドナルドが社名変更、ブタ連想させるとネットで酷評

http://www.afpbb.com/articles/-/3148350

「拱」の音が豚が餌をあさる音、とこと。
辞書を調べると、「拱」はアーチを意味するようで、ピンインはGǒngになります。
動物の鳴き声の表現って言語ごとにだいぶ違う。日本語で猫の声の「ニャー」が英語では「meow(mēˈou)」になるようで面白い。

物語中にライバルが作戦を邪魔したり、頭の悪い奴が足を引っ張る展開がストレスで苦手

庵野監督の言う「物語中にライバルが作戦を邪魔したり、頭の悪い奴が足を引っ張る展開がストレスで苦手」という声に共感や異論/ステロタイプの「うっかり」が嫌なのではという声も

https://togetter.com/li/1163850

あまり意識してなかったけど、こういう展開多いですよね~。
何かやろうとして、誰かが足を引っ張るとか日常でも多くて、それを描いているんでしょう。

独立宣言、交錯する歓喜と不安 バルセロナ市民の声

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00010002-afpbbnewsv-int

スペインがあるイベリア半島とか、イタリアとかドイツのあたりとかも、昔から分裂、結合をくりかえしてるし、これも流れかもしれませんね~。

カタルーニャ語という独自の言語があり、スペイン語とはまた別言語のようで、カタルーニャの住民の半数近くが日常的に使ってるようです。