好きなことで生きていく、というマーケティング

ちょっと前にCMでありましたね。

好きなことで生きていく

というフレーズ。これって非常に考えさせられる。ある状況では非常に有効な宣伝のフレーズになるかなと。
たとえばYoutuberとかミュージシャンとか漫画家とか、こういった職業って「好きなように作品を作って、サラリーマンみたいにいろいろ制約されない自由な生き方をしている」スタイルを全面に出すことが人気の維持に有効だから。やはり人々のあこがれの対象にならないといけないのだろう。
普通のひとは、好きなことで生きていく以前に好きなことも見つけられないことも多い。だからこういったスタイルの自由人にあこがれるんですね。
そのミュージシャンにしろ何にしろ、結局本当に好きなことで生きてるかどうかはわからないでしょう。
本心を聞き出したかったら、そのひととよほど親しくならなければ教えてくれはしないだろうし。
ミュージシャンも本当に訴えたいことを歌にしてるかもしれないし、作った歌を今度の新作の映画の主題歌だからってことで、どんどん改変させられてやってられっかコノヤロー、とか思ってるかもしれない。
本人作詞作曲ってことにしてゴーストに書いてもらってるかもしれない。
逆に好きなことばかり曲にして「こんなんでお金もらっていいの?」とかなってるかもしれない。
ブログを書いてアフィリエイト収入を得ているひとも、「うへぇ、もう芸能人の不倫ネタでブログ書くの嫌んなっちゃったヨ~。かといって日記書いたってアクセス集まんないしよー」とか思ってるかもしれない。漫画家だって、「本当はもう最終回にして別の漫画書きたいけど、出版社がまだ引き延ばせって言うし超かったりーわー」って思ってたり。
ただそんな本心は、結局わからないですね。
しかしやはり言えることは、真偽はともかく「好きなことで生きてる」ってアピールは、好きなことでいきられない、そもそも俺何のために生きてんの?みたいな人からすると、

「さすが●●!」
「おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」

となるわけです。

オリジナルというものが存在するか疑問な件

弟と電話で話して気づいたこと。
それは、録音した自分の話しかたにそっくりということ。
兄弟だから似てるんじゃね?と思われるかもではあるんですが、個人的に感心したのが、自分のいろんな表現方法とかをいままで「オリジナル」と思い込んでいたのに、実際はこれ、何かの真似ではないかと思うんですよ。
ここの表現というのはあらゆることに当てはまると思うんですね。話しかた、歌いかた、楽器の演奏、絵を描くこと、その他いろいろ。
知らない間に何かの物まねを自分の表現方法と思い込んでいたことになるんですね。これは普段の思考パターンにまで当てはまるような気もしますね。
お笑い芸人の受ける受けないが、わりと国によってばらばらだったりするのは、やはり笑いのツボが別の誰かのコピーだったりするのかなと。

ただ、見方を変えると、どう頑張っても他人のコピーのようなものなら、反復練習をすればどんな風にでもなることができるんじゃないかなということです。