星室庁裁判所

これもかっこいい用語の一つですね。
簡単に言うと、国王が貴族を裁くのに使用された裁判所、ってことになります。
貴族を裁けるってことで人気があったのが、気に入らない報道を規制するって目的で使用されたのをきっかけにあっという間に不人気になったというもの。
とは言え天井に星が描かれた「星の間」から来ているこの裁判所。なかなかカッコいいネーミングですね。 

[かっこいい世界史用語]竹林の七賢

竹林の七賢という言葉、聞いたことありますか?
昔の中国で、哲学的な話を酒を飲みながら語り合った賢人みたいな人たちです。
でも、竹林の七賢って呼び名、なかなかかっこいいですね。
何て言うか、全員倒さないと先に進めない的な強そうな雰囲気があったりします。
実際のこの人たちというのは、実際にはうかつな発言をすると命にかかわるような時代に生きて、俗世を離れたように見せかけて世間を批判するといった人物だったりです。
ファミレスでああでもないこうでもない言ってる若者とは違うんですね…。それはそれで楽しいですが。