PHPのif文

if文とは?

PHPにはif文と呼ばれるものがあります。
これは「もしも」何々だったら……という「仮定」の「条件」を指定して、条件に合致するかどうか、チェックする機能です。
たとえば、こんなPHPプログラムがあったとします。

<?php

$price = 100;

if ($price == 200) {
	echo '値段:100円';
} else {
	echo '値段:100円じゃない';
}

まず、$price == 200で$priceが200かどうか比較してます。その上の箇所で$priceに100を設定してるから、当然$price == 200は否定されちゃいますね。
そうすると、今度はelseのほうに処理が流れます。
そして、「値段:100円じゃない」が表示されます。
要は、値段が100じゃなかったら、elseのあとのカッコで囲まれた場所(ブロック)に入って処理が走るわけですね。