札幌の大通り公園に行ったら「焼きとうきび」を食べたい。でも時期限定なので注意が必要だよ。

焼きトウモロコシ

札幌の大通公園に行くと「ゆでとうきび」や「焼きとうきび」の屋台(とうきびワゴン)が見られます。「とうきび」は方言でトウモロコシのこと。全国で通じると思ってました。

ぼくは個人的には「焼き」の醤油が焦げた感じが好きですね。帰省の際には食べたい。

観光で札幌を訪れた際にはお勧めしたいですが、時期が4月下旬~10月上旬限定。それ以外の時期では屋台がいないです。そりゃその時期以外って運が悪いと雪降っちゃいますからね。寒いし。

あと最近はとうきびワゴンのゆるキャラ、きびっちまであるそうです。というか何でもゆるキャラになりますね。

こうして記事を書くのに調べものをしていて、一番驚いたのが、

とうきびが北海道産

ってことですね。普通に考えて米国産を使ったほうがコスト削減になるのに、北海道産を使用してるのが好感が持てます。

(参考)
とうもろこしの生産トップ10と日本の輸入先

というわけで、「札幌に行くならとうきびワゴンがおすすめ!ただし4月から10月で」って記事でした。