ネットに誇大広告が多い理由

痩せるサプリとか、筋肉かつく何かとか、とくネットの広告には「大げさな効果を断言」するような広告が多いですね。

誇大広告みたいな表現をする理由の一つに、人間の心理があります。
広告を見た際に、人は文章を「つまみ食い」的に読みます。
どんなつまみ食いかといえば、インパクトの強いところだけ、もっと言えば自分に関係すろとこだけをつまみ食い的に拾いながら読んでいきます。
そういうのを広告の業者はわかっているから、「このサプリを飲んで、なるべく健康的な食事をして、1日30分は運動して、適切な睡眠を取ると痩せますよ」と言うべきところを「このままサプリを飲むと、同窓会まで痩せる!」みたいな書き方をするんですね。
結構消費者は広告を飛ばし読みしちゃうから、簡単なキャッチフレーズに決めてしまうのが正解と考えるんでしょうね。