ヒカルの碁全巻読み終わり

ヒカルの碁、全巻読みました。
囲碁がわからなくても楽しめる作品ですね。
通して読んでみると、この作品はヒカルとアキラを主軸に進んで行ってます。なのでヒロインのキャラとかはほとんどメインのストーリー的には、あまり意味の無い位置づけ。

囲碁に打ち込んでる少年たちの成長を描いた良作です。 ただ冷静に考えるとこの少年たち、囲碁で生活するという、つぶしのきかない選択を普通に選んでるので、恐ろしい作品とも言えますな。

と、ここまで書いてて思うのは、作品を書く面白さってこういう「つぶしのきかない人生」とか「リスクが大きい選択」とかを登場人物にやらせるというとこにもありますね。自分のリスクにもならないわけで。