Jan
24
0
相馬野馬追とは

相馬野馬追(そうまのまおい)とは、福島県相馬市をはじめ、浜通り北部で行われる、3つの神社の祭礼。
その神社は次の3つ。
相馬中村神社
相馬太田神社
相馬小高神社

それは、
馬を追う野馬懸、
南相馬市原町区に所在する雲雀ヶ原祭場地での甲冑競馬と神旗争奪戦
街を騎馬武者が行進するお行列
といった神事からなります。
ちなみにこれら神事は重要無形民俗文化財に指定されてます。

このイベントの起源は、、相馬氏の遠祖である平将門が、領内の、現在の千葉県松戸市に相当する場所に野生馬を放し、敵兵に見立てて軍事訓練をした事に始まると言われています。
鎌倉幕府成立後はこうした軍事訓練は取り締まられたものの、相馬野馬追は名目上神事ということで継続されたようです。

The Soma Nomaoi 2005-5
PekePON, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

Jan
23
0
イタリア、シチリア島の3つの岬とは?

シチリア島は、イタリア半島の西南の地中海に位置するイタリア領の島。
地中海最大の島です。

Sicily in Italy

TUBS, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

「3つの岬」という名所があり、パレルモ、メッシーナ、シラクサの岬を指します。
これはギリシャ神話のメデューサの顔と3本の素足といわれています。

州旗には「トリナクリア」と呼ばれるシンボルが描かれています。
トリナクリアはシチリアの古名でもあります。
それはギリシア語の「3つの岬」に由来しているそう。

メッシーナとイタリア本土の間の海峡はメッシーナ海峡と呼ばれています。
そして海峡の西はティレニア海、東はイオニア海。
メッシーナ海峡大橋が建造される予定でしたが、予算などの関連で2006年に建設中止。残念ですね。

メッシーナ海峡の画像です。美しい!
メッシーナ海峡の最も狭い部分だそうです。
Strait of Messina, cariddi

Shifegu, CC0, via Wikimedia Commons

Jan
23
0
アガスティアの葉とは?

古(いにしえ)の聖者であるアガスティアが残したという「葉」。
その葉には個人の運命に関する予言が記されているといいます。

葉は古代タミル語で書かれていて、ナディ・リーダーと呼ばれる人々が現代タミル語に翻訳します。
読むことができるのが、幼少のころから6年以上かけて特別な学習をして、代々ナディ・リーダーとして運命づけられた人だけといいます。
日本では「理性のゆらぎ」という著書で紹介された模様。
一時期ブームになり、マスコミにも大きく取り上げられるほどだったようです。

Jan
12
0
ミュージカル『エリザベート』の登場人物

『エリザベート』は、オーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリザベートの生涯を描いた、ウィーン発のミュージカルです。
脚本・作詞はミヒャエル・クンツェ、作曲はシルヴェスター・リーヴァイ。

次のような登場人物です。

エリザベート
→オーストリア帝国の皇后。愛称はシシィ。バイエルン王国出身。

死(トート)
→死の抽象概念を擬人化[1]した存在。その外見はシシィが心酔した詩人ハインリヒ・ハイネや、ロック歌手のデヴィッド・ボウイがモデルとされる。

フランツ・ヨーゼフ1世
→オーストリア帝国の皇帝。エリザベートの夫。

ルイージ・ルキーニ
→イタリア人無政府主義者。エリザベートの暗殺犯。物語の狂言回しの役割を担っている。

ルドルフ皇太子
→オーストリア帝国の皇太子。フランツ・ヨーゼフ1世とエリザベートの息子。

ゾフィー
→オーストリア帝国の皇太后。フランツ・ヨーゼフの母親。

Nov
24
0
チベタン・マスティフってどんな犬?

チベタン・マスティフ(チベット語: འདོགས་ཁྱི、ワイリー。Do khyi、中国語:藏獒、ピンイン:Zàng áo、ネパール語:Bhote Kukur、モンゴル語:Bhankhar(バンカール)。中国語:藏獒(ぎょう)、ピンイン:Zàng áo、ネパール語:Bhote Kukur、モンゴル語:Bhankhar、ヒンディー語/ガーワーリー語/クマオニ語:Bhotiya/Bakharwal、カシミール語:Gaddi、Dzongkkir。Gaddi, Dzongkha: Byob Chi)は、大型のチベット犬種である。ダブルコートは中から長めで、気候に左右されやすく、色はソリッドブラック、ブラック&タン、様々な色合いのレッド(ペールゴールドからディープレッドまで)、ブルーグレー(ディリュートブラック)などがあり、首、胸、脚に白のマーキングが入ることもある。

Lion-Head Tibetan Mastif02
Ehsan Mehrmam, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons

名称

チベタン・マスティフという名称は、この犬種が真のマスティフではないことから、誤った名称である。チベットに最初にやってきたヨーロッパ人が、西洋では大型犬のほとんどすべての犬種にこの名前が使われていたため、マスティフという言葉が割り当てられた。西洋人がチベットを訪れた際には、テリアではないチベタン・テリアやスパニエルではないチベタン・スパニエルなど、いくつかの犬種に誤った名前が付けられていました。チベットマウンテンドッグ、または、ヒマラヤンマウンテンドッグと呼んだほうがいいかもしれません。

概要

外観

チベタン・マスティフは原始的な犬種である。チベット、モンゴル、ヒマラヤ山脈の高地で生き延びるために必要な強靭さを備えているのが特徴である。

犬の群れの行動を含む本能的な行動が、過酷な環境でのこの犬種の生存に貢献しています。原始的な犬種の中では数少ない、年に2回ではなく1回の発情を維持する犬種であり、原産の気候よりもはるかに低い標高や温和な気候でも発情する。この特性はオオカミなどの野生のイヌ科動物にも見られる。発情期は通常晩秋であるため、チベタン・マスティフの子犬は12月から1月にかけて生まれることが多い。

ダブルコートは長く、気候に左右されやすく、ソリッドブラック、ブラック&タン、様々な色合いのレッド(ペールゴールドからディープレッドまで)、ブルーッシュグレー(ディリュートブラック)など、様々な色があり、多くの場合、白のマーキングが入る。現在(2014年時点)、白いチベタン・マスティフを販売しているブリーダーもいます。これらの犬は実際には非常に淡い金色で、真の白ではありません。フォトショップは、通常の色の犬を白く見せるためによく使われています。

チベタン・マスティフの被毛は、多くの大型犬に見られる不快な大型犬臭がない。被毛は、その長さや色に関わらず、汚れや臭いを落とします。一年を通して多少の抜け毛はあるものの、一般的には冬の終わりから春の初めにかけて1回の大きな換毛期があり、夏の終わりから秋の初めにかけてもう1回の小さな換毛期があります。(避妊手術をすると、被毛の質感や密度、抜け方に大きな影響を与えることがあります)。

チベタン・マスティフは、欧米ではひとつのスタンダードで展示されていますが、インドのブリード・スタンダードでは2つの品種に分けられています。ライオン・ヘッド(小型で、額から肩までの毛が非常に長く、ラフやたてがみがある)とタイガー・ヘッド(大型で、毛が短い)です。

気質

チベットでは群れの番犬として、また西洋では家畜の番犬として、捕食者を警戒して直接対決を避けるために、吠えたり、周囲に匂いをつけたりする通常の戦術を用いる。

社会化された、より家庭的な犬として、広々とした、フェンスで囲まれた庭で犬仲間と一緒に成長することができるが、アパートでの生活には適していない犬である。洋犬は、見知らぬ人に対してはやや飄々とした態度をとるものの、一般的にはより気楽な性格である。この犬種は、何百年にもわたって、群れを守るため、家族を守るために選択的に繁殖されてきた結果、夜行性の見張り番として、捕食者や侵入者を寄せ付けず、夜通し正体不明の音に吠えることで珍重されてきました。チベタン・マスティフを一晩中外に置いておくことは、近所の人がいる場合にはお勧めできません。チベタン・マスティフは昼間によく眠るので、夜になるとより活動的になり、警戒心が強くなり、意識も高くなります。

他の群れを守る犬種と同様に、チベタン・マスティフは知的で頑固なところがあるので、服従訓練を行うことをお勧めします。家畜の番人としてのみ使用する場合を除き、この犬種は見知らぬ人には控えめな性格であり、保護者としての本能があるため、社会化の訓練も重要である。この犬種は優れた家庭犬となり得るが、家族次第である。飼い主は犬の心理を理解し、主にリーダーシップを取ることができ、またそれを望んでいなければなりません。一貫性のある合理的な躾ができていないと、危険で予測不可能な犬になってしまいます。チベタン・マスティフの保護能力は、飼い主が警戒心を持ち、計画的に行動することで、犬が保護者として反応しているだけの時に、災難を避けることができる。この犬種は、初心者にはお勧めできない。

健康面

多くのブリーダーが10〜16年の寿命を謳っているが、これは根拠のない話である。一部の系統では長生きの犬が生まれる。また、より近親交配の多い系統では、短命で不健康な犬が生まれます。この犬種は他の犬種に比べて遺伝的な健康問題は少ないが、甲状腺機能低下症、眼瞼内反症、眼瞼外反症、内反症、アレルギーを含む皮膚疾患、デモデックスを含む自己免疫疾患、アジソン病、クッシング病、歯の欠損、不正咬合(過咬合、下咬合、ドライマウス)、心臓疾患、痙攣、てんかん、進行性網膜萎縮症(PRA)、白内障、感染傾向のある小さな外耳道などの症例が見られる。他の大型犬と同様に、肘関節や股関節の形成不全を起こすものもいます。

遺伝性疾患である犬伝染性脱髄神経炎(CIDN)は、1980年代初頭にチベタン・マスティフの著名な系統のひとつに現れました。残念なことに、既知のキャリアーが広範囲に繁殖され、今でも活発に繁殖されている多くの系統の背後にいる。遺伝の様式は単純な劣性遺伝のようですから、近親交配を続けても影響を受ける子犬が生まれる可能性があります。

甲状腺機能低下症は、多くの「北方系」の大型犬種と同様、チベタン・マスティフにもよく見られます。チベットマスチフは生涯を通じて定期的に甲状腺の「パネル」を使って検査をする必要があります。しかし、標準的な甲状腺レベルは国内の犬種を使って確立されたものであるため、検査結果はすべての犬種での正常値ではなく、その犬種での “正常値 “という文脈で考えなければなりません。この品種の犬の多くは、甲状腺の値が “低い “のですが、臨床症状はありません。獣医や飼い主の間では、検査で「低値」であっても全く無症状の犬に薬を与えることの相対的なメリットについては意見が分かれます。研究者の中には、無症状の甲状腺機能低下症は多くの犬種の原産地では、犬が良好な状態を保つために必要な栄養が少なくて済むため、適応していたのではないかと考えている人もいます。したがって、チベタン・マスティフの遺伝子プールから「甲状腺機能低下症」の犬を排除しようとすると、この犬種にとって意図しない結果になる可能性があります。

歴史

チベタン・マスティフは、チベットの遊牧民のための牧畜犬および警備犬として、またチベットの僧院の番犬として生まれました。

チベタン・マスティフは、ヒマラヤ山脈やチベット高原の高地で群れの番人として飼育されていた、表現型の異なる犬種である。

Meer Izzut-oollah (1872)はこう書いている。

「ティベトの犬はインドで見られる犬の2倍の大きさで、大きな頭と毛むくじゃらの体を持っている。日中は鎖でつながれていて、夜になると主人の家を守るために放たれる。”

20世紀初頭、プリンス・オブ・ウェールズのジョージが一対のチベタン・マスティフを導入し、1906年にはイギリスでクリスタル・パレス・ショーに出品されるほどの品種が出回りました。しかし、戦時中のイギリスでは、この犬種は人気と注目度を失い、ほぼ絶滅してしまいました。

1980年以降、この犬種は世界的に人気が出てきました。まだまだ珍しい犬種ではあるが、活発なブリーダーが現れ、十分な数の犬を生産するようになると、様々な登録機関やショー組織(FCI、AKC)がこの犬種を認めるようになった。2008年には、ウェストミンスター・ケネル・クラブのドッグショーにチベタン・マスティフが初めて出場した。

AKCが認定して以来、活発なブリーダーの数が急増したため、過剰な繁殖が行われ、近親交配で品質に問題のある子犬が多くなっている。当初、この犬種は、オリジナルのストックからの限られた遺伝子プールのために苦しんでいました。2015年には、過剰な繁殖と都市部でのペットとしての不適格性から、中国では最高級の犬の価格が約2,000ドルにまで下がり、低品質の犬や交配種の犬が捨てられるようになりました。

2011年、DNA研究により、チベタン・マスティフとグレート・ピレニーズ、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、ロットワイラー、セント・バーナードとの間には遺伝子的な関係があり、これらの大型犬はチベタン・マスティフの一部の子孫であろうと結論づけられた。2014年には、ある研究によってレオンベルガーが親戚の可能性がある犬種に加えられました。

未知のオオカミのようなイヌ科動物との混血
チベタン・マスティフは、ヤク、チベットカモシカ、ユキヒョウ、イノシシなどの他の哺乳類に比べて、チベット高原の極端な高地条件に非常に早く適応することができました。チベタン・マスティフが低地の犬に比べてヘモグロビン濃度が高いために高地での低酸素症を回避できるのは、先史時代の交配によるものである。2020年、現代のホラークティックオオカミやイヌとは深く乖離した未知のオオカミ型イヌ科動物のゴースト集団が、ヒマラヤオオカミとイヌの両方に見られるEPAS1対立遺伝子を寄与しており、これによって高地での生活が可能になっていることがゲノム解析で明らかになった。

人気の文化

1993年に公開されたホラー映画『Man’s Best Friend』では、”Max “という名のチベタン・マスティフが敵役として登場する。撮影には少なくとも5種類の犬が使用された。
2011年に公開されたアニメーション映画「The Tibetan Dog」では、チベタン・マスティフが登場します。
チベット寺院の犬」(マスティフによく似た半神半人の生き物)であるマウスは、「ドレスデン・ファイル」ブックシリーズの主人公の犬の仲間である。
アニメ映画「Rock Dog」では、「Bodi」と「Khampa」という名前の2匹のチベタン・マスティフが登場しました(それぞれルーク・ウィルソンとJ・K・シモンズが声を担当しています)。
2018年のテレビアニメ『クレイグ・オブ・ザ・クリーク』では、登場人物のワイルダーネッサがチベタン・マスティフの「チーズスティック」に乗っています。
ペマ・ツェデン監督による2011年の映画『Old Dog』では、牧童一家のチベタン・マスティフが複数の登場人物に欲され、東部の裕福な漢民族に売買されています。
2019年のビデオゲーム『Indivisible』では、チベタン・マスティフのランシがプレイアブル・キャラクターとして登場します。
2020年のビデオゲーム「Ghost of Tsushima」では、チベタン・マスティフはバンカール・ドッグとも呼ばれ、モンゴル軍の番犬として登場しました。

Tybetan Matt
Sasni, Public domain, via Wikimedia Commons

This article uses material from the Wikipedia article “Tibetan Mastiff”, which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0.